ロジーナについて

たくさんの家族、多くの動物たち、広い庭とともに、ローマの近くの絵のように美しい村に暮らすロジーナ・ヴァヒトマイスターは、周囲の環境に絶え間なくインスピレーションを得て、作品作りを続けているこは驚くことではありません。

彼女は1939年にウィーンで生まれ、オーストリアのアッター湖の近くで育ちました。

彼女の父は医師であり、母は建築家、また陶磁器作家でもありました。

 彼女は14歳の時に、家族と一緒にブラジルへ移住し、妹のハイデマリーと一緒にドイツ語学校で勉強をしました。それから彼女は、引き続き美術、彫刻、舞台デザインを勉強しました。

彼女の初恋が若きアーティストであるロジーナをイタリアに導き、今もローマ北部の中世の村、カペーナに暮らしています。

彼女は画家であり、建築家であり、陶磁器作家であり、園芸家でもあります。